探偵に浮気調査を依頼するメリットとデメリット

夫が浮気をしているのではないか?
一度そんな疑惑をもってしまうと、その不安や怒りはなかなか消せるものではありません。
そんな時あなたならどうしますか?真実を知りたいと思いますか?
でも自分で浮気を調べるのは難しいものです。
それに、もしも浮気が真実で、その後離婚や慰謝料請求になるかもしれないと考えた場合、「不貞行為の証拠」が必要になります。
そこで探偵に浮気調査を依頼することで浮気の事実関係を明らかにし、法的に有効な浮気の証拠を手に入れるという方法が考えられます。
では、探偵に浮気調査を依頼するメリットとはなんでしょうか。
1.浮気調査がばれるリスクが低い
夫に顔が知られていない調査員が尾行することで夫に知られることなく
証拠写真などを手に入れることが可能です。
2.裁判で有効な証拠を入手しやすい
探偵による調査を行っていれば、調査報告書を証拠資料として提出することができます。
3.調査後のフォロー
浮気の証拠をみせる際に探偵に同席してもらうことで、相手方の言い逃れなども防ぐことができます。
最近では関係修復や離婚協議へのアドバイスなど調査後のフォローも
してくれる探偵事務所がふえています。
逆に探偵に浮気調査を依頼するデメリットもあります。
1.費用がかかる
調査がどのようなケースかによって費用は変わってくるので一概には言えませんが
最低でも数十万円はかかるでしょう。
2.調査が失敗に終わることもある
必ず証拠を押さえられるとは限りません。費用を払うだけで終わるということもあります。
3.浮気の真実がはっきりしてしまう
探偵に依頼することで知りたくなかったこともすべて明るみになってしまうかもしれません。
いずれにしても浮気の調査をするまえに真実を受け止める覚悟があるのか、もう一度心を落ち着かせて考えてみてはいかがでしょうか。